サイクリストは修行僧だ!|ロードバイクが好きなんだもん!|
FC2ブログ
自転車が趣味なので、自転車で健康的にダイエット中です。

サイクリストは修行僧だ!

こんにちは。

最近思うことの中に、なんでそこまでして、トレーニングに明け暮れるのか?

と、思うことがあります。

自分のことなんですが、毎日3本ローラーを昼休みに30分ですけど、毎日こなしているわけです。

なんで、そこまでする必要があるの?

lgf01a201501251600.jpg
↑サイクリストは自らに試練を課す生き物なのです


別にやりたければやればいいと思いますが、私の場合何でやっているのかと言いますと、ダイエットのためなのです。

何で、ダイエットをしているのかと言いますと、4月19日の「ツールド八ヶ岳」のためにウェイトを少々落とさなければならないと考えているからに他なりません。

例えば、減量前の私の体重は約80kgありました。現在は73kg台になっています。これは減量をしないとしたら、今乗っている自転車が9kgです。-6kgの減量に成功したので、(減量をしていないとすれば)言ってみれば3kgの自転車に乗っているのとイコールです。これって凄いことなんですよ。考えてもみてください、3kgの自転車なんか売っていませんよ。自転車を軽くするのはお金もかかりますし、容易なことではありません。でも自分が軽くなるのであれば、費用も掛かりませんし、アドバンテージとしては十分です。

ヒルクライムでは軽さこそ正義。ロングライドでも同様です。お金をかけて自転車を軽くするのであれば、自分が軽くなればいいことなのです。言うのは簡単ですけど。

でも、そこまでしてダイエットに何で励むのか?

それはサイクリストは修行僧だからです。

結局、サイクリストの信念は「己に勝つこと」に他ならないからです。ライバルに勝つことも当然視野には入っているでしょう。しかし、己に勝つことが出来なければ、ライバルに勝つことなど出来やしません。

ライバルに勝つとか負けるとかその前に、「何で坂を登らなければならないのか?」「何で160kmを走らなければならないのか?」考えると何の価値があるのか?と思いますよね。

サイクリストは己に対し、壁をワザワザ設定する生き物なのです。越えなければならない壁を自ら設定する。

でも、そこには日本人古来からの、仏教に対しての考え方が根底にあるのです。

「お百度参り」とか「三千仏礼拝」とか「水行」とか、とかく仏教の修行僧は自らに対し、過酷な修行を課してきました。それが日本人の奥底に眠ったDNAに刻み込まれているのでしょうね。

それが、「禅」の心構えなのかも知れません。サイクリストは何の得もしないようなことに、自らを放り込むのです。己に勝つ、イコールライバルに勝つ。自身が耐えられるかどうかの価値観を勝負に持ち込む。

これは、言ってみれば修行そのものです。勝ったからそれで終わりかというと、そうではない。さらに厳しい条件を自らに課す。その繰り返しです。その繰り返しによって自分が強くなる。

ペダルを漕ぐことが「禅」なのです。漕いでいる間は余計なことは考えない。何で自転車のペダルを漕いでいるのか?そんなことは関係ない。

漕ぎたいから漕いでいる。漕がねばならない目標がある。その人それぞれの理由があると思いますが、サイクリストは修行僧だと思います。

自らを超える。素晴らしいじゃないですか。どんどん、目標は高く設定して自らをブラッシュアップしていく。趣味としてはこんな素晴らしいことはありません。ああ~おいらも自らを超えてみたい~。

これは一重に、日本人は修行僧である、仏教の考え方が根底にある。ということを裏付ける利用としては十分でしょう。いつまでもアグレッシブな心を失わず、自分自身に果敢に挑戦していく心構えで私も頑張りますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキングに参加しております。よろしければポチってくださ~い。


プロフィール

わらんや

Author:わらんや
FC2ブログへようこそ!ロードバイクが趣味です。リンクフリーです。今後とも宜しくお願いいたします。

PR

最新記事

おすすめ

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

カウンター


PR
美しいモデル脚へ。セルマッサージソープ
RAKUWAネックX100(チョッパーモデル)【ファイテン公式】
ミズノ公式オンラインショップ
【★毎日更新★】「半額以上」の割引クーポンが目白押し♪
【RaCoupon 買うクーポン】